里親様・お預かり様(フォスターホームさん)募集しています!

≪拡散希望≫
「またたび家の日常」*「センター収容猫(2015年7月28日)」より。

センターに収容された仔たちの、
里親様 * お預かりさま(フォスターホームさん)の探しています!!

センターには、あどけない顔をした仔猫たちが途切れることなく収容されているようです。
150729仔猫

繁殖制限の活動がもっと活発になっても、飼い主のいない猫達はなかなか減らないでしょう。
でも殺処分をゼロにすることはできるはず。
数字の上だけのゼロではなく(食餌を与えない、空調管理等をしない、等で死に至らしめ、“殺処分ゼロとしている自治体もあるのが現実です)、信頼できる元へと引き渡すまで、きちんと保護管理を徹底するのは当たり前として。

きっとできると信じているけど、邪魔をする存在があるのも確か。

たくさんの人たちが力を集めて、一歩、また一歩と進んでくれているけれど、
今の命も守ってあげたい。
全部じゃないのが本当に悔しいけど。。。

何もしなかったら何も変わらない。
今はキリがないのを承知の上で、なんとか里親様やお預かり様を探して、この収容先から救い出すしかないのです。

150729仔猫たち

この仔達の命を人間の手で終わらせまいと「またたび家」のまたたびさんは頑張っています。

150729茶白男の仔


仔猫たちはすでに離乳し小粒のドライフードを食べられます。

茶白の仔は男の子で、どうやら人のぬくもりを知っているようです。

どうかこの子達に手を差し伸べていただけないでしょうか。


詳細は「またたび家の日常*センター収容猫」をぜひご一読くださいませ。
またたびさんの心からの願いを、拡散していただければと思います。


お問い合わせはホームページ内
ご応募お問い合わせフォーム→☆★☆より お願いいたします。


アンケートにご回答いただくことから
お願いしております。

~おねがい~

*猫可の住環境にて
脱走防止を含む完全室内飼育
*終生飼養
*繁殖制限




「またたび家」さんへのご支援・ご寄付をよろしくお願いいたします。
物資の送り先や寄付金の振込先等は、こちらへお問い合わせ願います→「お問い合わせ


また、またたびさんは月に2回、福島へのレスキュー&給餌活動をされています。
ドライフードのご支援をお願いいたします!!
フード送り先は「犬猫救済の輪」さんまで。。。<(_ _)>

4seasonsCat


ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
*罪のない仔たちの命を守りたい。ただそれだけです。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ロシアンミックス「グレンくんの里親様を募集しています!①」川越またたび家より

頸部負傷迷い猫だったロシアンミックスの「グレンくん」は里親様とのご縁を待っています!


飼い猫だったと思われる「グレンくん」。
頸に大きな穴があくほどの怪我を負いながら、おうちに帰れなくなりさまよっていたのでしょうか。。。

☆保護当初からの関連記事☆
ロシアンブルー系・頸部負傷猫」の飼い主様、および里親様を探しています(埼玉県)
退院しました!ロシアンミックス頸部負傷猫さん


センターに収容された後、またたびさんに引き取ってもらわなかったらもう二度と会えなかったかも。
こんなに可愛くて人に馴れていて、人の愛を知っている子が、何も悪くないのに人の手によって命を絶たれてしまったかも、
と思うと、胸が痛くなります。


でももう大丈夫!!
「グレンくん」は、「またたび家」のシェルターに入室し、怪我の傷もよくなり、甘えん坊ぶりを発揮しながらボラさん達に毎日愛情を注いでもらっています。
画像は7月23日(木)撮影
150723リグレンくん3
それならずっとそのままシェルターで過ごせば?と思わるかもしれません。
でもそれは「グレンくん」にとって本当の幸せではありません。

だって、一度おうちの子だったのですから。。。。
人のぬくもりの中で生きてきた子は(そうでない子もですが)、やはり人のぬくもりに包まれて暮らして行く方がどんなにか幸せなのか、知っています。

だって、卒業していった子達は、みんなみんな、シェルターにいるときよりも何倍も優しいお顔になっているのですよ。



まだ2歳という若さです。
賢くてとてもいい子ですよ^^
150723リグレンくん2


頸部の傷も、毛も生えてきてどんどんわからなくなってきました。
150723リグレンくん1

FIVもFeLVもマイナスですし、他の病気も今はありません。
去勢手術は保護された時にはすでに既に済んでいました。

グレンくんの幸せ
グレンくんとの幸せ

どうか一緒に掴んでください^^

*2歳くらい
*ロシアンミックスの男の子
*去勢手術済み
(負傷猫としてセンターに収容されましたが
既に去勢手術が施されていました。)
*三種混合ワクチン接種済み
*ウイルス検査実施済み(-)(-)
*マイクロチップ装着済み
*検便実施済み(2回)
*レボリューション滴下
*駆虫薬投与(ドロンタール)
*負傷箇所の治療


「グレンくん」をどうぞよろしくお願いいたします!!<(_ _)>


「またたび家」さんへのご支援・ご寄付をよろしくお願いいたします。
物資の送り先や寄付金の振込先等は、こちらへお問い合わせ願います→「お問い合わせ


また、またたびさんは月に2回、福島へのレスキュー&給餌活動をされています。
ドライフードのご支援をお願いいたします!!
フード送り先は「犬猫救済の輪」さんまで。。。<(_ _)>

4seasonsCat


ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
元気になった今。もう幸せの中だけで暮らして行ってほしいです。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

「アイキちゃんの家族を探しています!①」川越またたび家より

サビ柄がキュートな「アイキちゃん」の里親様を募集しています!!

被災地福島で、震災後に生まれた「アイキちゃん」です。
人を知らずに生まれ、育ちました。

プロフィール:
アイキ (♀) 年齢:推定2歳 (2015年7月時点)


↓まだケージ内で過ごしていた頃のアイキちゃん。とても美しい顔立ちです。
’150508アイキ1
(2015年5月8日撮影)

このころはまだ完全に人なれしていなくて、時々手がでました―――^^; この写真も構えていますね。
’150508アイキ2


でもこんな風にくつろぐ様子も見せてくれて・・・・、被っていた猫を少しずつ脱ぎ始めましたよ。
’150508アイキ4


ケージ内にいるときから、徐々にナデナデもOKになってきました^^
150604リビングアイキ


そしてーーー。
今はもう、フリーの身です。
初めからこんな風にしていたかのように馴染んでいます。
150716リアイキ1
(写真がボケていてごめんなさい!(汗))

すこし人見知りするかもしれませんが、「この人優しい・・・」とわかればすぐに撫でさせてくれます^^
150716リアイキ2
フリーになってすぐに他の猫さん達とも仲良くやっています。


最後の2枚があまりにもボケボケなので、キリッと美しいアイキちゃんをもう一度♪
’150508アイキ1



アイキちゃんが
【これまで行った医療処置】
*健康チェック済み
*3種混合ワクチン接種済み
*ウイルス検査実施済み(FIV.FeLV共に陰性)
*検便実施済み(1回)
*駆虫薬投与済み(レボリューション)
*避妊手術済み
*マイクロチップ装着済み



どうかこの美しくもキュートな「アイキちゃん」を宜しくお願いいたします!

猫さん達の紹介ページ⇒「保護猫紹介


「またたび家」さんへのご支援・ご寄付をよろしくお願いいたします。
物資の送り先や寄付金の振込先等は、こちらへお問い合わせ願います→「お問い合わせ


また、またたびさんは月に2回、福島へのレスキュー&給餌活動をされています。
ドライフードのご支援をお願いいたします!!
フード送り先は「犬猫救済の輪」さんまで。。。<(_ _)>

4seasonsCat


ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
アイキちゃんのサビ柄には会うたびにほれぼれします。甘え方がどんどん上手になってきたアイキちゃんをよろしくお願いします♪
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

キジトラちゃんの里親様募集!!いつも心に太陽を~アニマルネット~さんから

可愛いキジトラの女の子の里親様を募集します!!


「いつも心に太陽を~アニマルネット」さんより、写真お借りしました。
記事はこちらです⇒「キジトラちゃん 里親募集中

3か月の女の子です。
美にゃんちゃんですね~~^^
1キジトラちゃん

だいぶ人なれしてきたということですが、まだ少し警戒心はあるようです。

が、これだけ膝の上でリラックスできていれば、まったく問題ないと思います。
キジトラちゃん2

猫さん達とは仲良くできるということなので、先住ちゃんがいても大丈夫だと思います。
まだ3か月だし、十分に先住ちゃんも受け入れてくれる月齢です。
キジトラちゃん3


生後約3ヶ月の 女の子
ワクチン1回 済み
レボリューション 済み
ウイルスチェック 未
(母猫&兄妹たちは エイズ白血病 陰性)



お問い合わせは
itsumococoronitaiyouo@gmail.com

までよろしくお願いいたします。



仔猫はとかく元気なもの。
やんちゃでお転婆で、夜中でも走りまわります。
でもそれは当たり前のことなので、そういったことも全部丸ごと受け入れていただきたいと思います。


どうかこの可愛い仔をよろしくお願いいたします<(_ _)>


4seasonsCat



ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
可愛い盛りです♪ ずっと見ていても飽きないのが仔猫の愛らしさですね~
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

保護猫譲渡会&犬猫譲渡会のお知らせです。

まずは1つ目。

7月18日(土)
『保護猫の譲渡会』 in 「とーほくカフェさん」が開催されます♪

 
日時:2015年7月18日(土) 12:00~15:00
場所:所沢すぅいーとはーと内 「とーほくカフェ」さん。
アクセス:西武新宿線 航空公園駅
      西口エレベーターを降り、新所沢方面に線路沿いに歩いて4~5分です。
    *近隣にパーキングあります。(台数に限りあり)

とーほくカフェ譲渡会6月7月
キャリアっ仔もノンキャリアっ仔も、勢揃いするそうです。
皆さん、どうぞ良き出会いを♪






2つ目です。


7月19日(日)
『犬猫の渡会』 in 「小江戸蔵里」が開催されます♪


主催:保護猫カフェ「ねこかつ」さん
日時:2015年7月19日(日) 12:00~16:00
場所:小江戸蔵里広場
    JR東武東上線 川越駅徒歩15分
    西武新宿線  本川越駅徒歩3分
住所:川越市新富町1-10-1
TEL:049-228-0855

アクセスマップはこちらもご覧になってみてください⇒「小江戸蔵里アクセスマップ


IMG_2055.jpg


こちらはわんちゃんも参加です。

ペットショップではなく、譲渡会やシェルターなどに運命の仔がいるかもしれません。
まずは、会いに行っていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


どちらの譲渡会にも、ボラしている「またたび家」(←クリックで見てみて!)の仔たちも参加します。
キャリアっ仔だって元気いっぱい!!可愛くて出会えてよかった!と思う仔ばかりです。



4seasonsCat



ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
子猫はもちろん可愛い。でも大人の仔だってずっとずっと仔猫みたいな愛らしさを持っています。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

動物を愛するという観念の違い

国によって、人によって、動物への愛護の関わり方は違います。

同じ「好き」でもその中身は全く違うことにしばし驚かされます。


リンクさせていただいている、ノーマンテイラー邦子さんが、2013年のジャパンタイムズに掲載されたサイモン・スコット氏の記事を抜粋翻訳してくださいました。

内容は、日本人はペットを甘やかせるほど食・衣・医にお金をかける人が少なくないのにもかかわらず、殺処分(その仕方も問題)があり、譲渡数も少ないのはなぜなのだろうか、というものです。

少しずつ殺処分率は下がってきている県や自治体はありますが、まだまだ犬猫の命は軽んじられているのが現状です。
譲渡にしても、ペットショップでの購入がやはり多く、高齢だから病気をしたからを理由に保健所に持ち込まれる子もいます。
片や、人間のこども以上にお金をかけてもらっている子達もいます。
そのあたりのことにも触れていて興味深く読みました。

また、殺処分のやり方に関してのセンターの方のお話には驚きを隠せません。
と同時に、その説明にはとうてい納得できず、根本的に殺処分自体があってはならないという結論に早くいきついてもらいたいと、強く思いました。
(2013年当初のお話なので、今はそのセンターも改革済みあるいは改革中であるかもしれません。そう望みます)




以下すべて転載させていただきます。
(赤字:ノーマンテイラー邦子さん  青字:翻訳記事)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただ、ただ孤独であった犬たち

2013年のジャパンタイムズに掲載されたサイモン・スコット氏の記事を抜粋翻訳しました。

何故日本のペットの処分率が多いのか、譲渡数が少ないかの明確な答えがないように思えたことと、
対象地域が東京に限定されていることが気になりましたが、外国の方から見た日本のペット事情は
ハチ公なくして語れないものなのだと興味深かったです。

ペット天国の日本。ペットにとっての天国か人間にとっての天国か。過剰に甘やかされている犬猫たち。
その82%にあたる20万匹が毎年二酸化炭素ガス室へ送られ、苦しみ悶えながら死んでいく。

日本の繁華街の一等地に鎮座する黄金色の秋田犬ハチ公は
東京大学の上野英三郎教授が1925年に亡くなっても、
雨の日も風の日も一日も欠かすことなく自らの死まで9年間、渋谷の駅で待ち続けた。

この美しき忠誠心は日本人の心を鷲掴みにし、人間と犬との壊す事のできない絆の象徴として、
現代の日本人にも引き継がれ、永劫のブロンズ像として渋谷に君臨している。

1920年代に生まれたハチ公は当時のはやり犬であった。
時代は戦前であり、国のリーダーたちは天皇と軍隊への忠誠心を国民にあおるべく鞭をならしていた。
その折ハチ公は「犬のような無条件なる忠誠心を持った象徴」として現れたのである。

今日渋谷を歩いている可憐で華奢な犬たちに比べるとハチ公は無骨だ。
擦り切れたような毛、いびつな耳、不機嫌でわびしい顔(自分の苦境を悟っていたのだろう)
しかし、彼は忠誠心の固まりであり、それだけで当時は十分であった。

現代にハチ公がいて、渋谷を一匹だけでうろついていたら、
9年どころか9時間も持たないだろう。幸運にもタクシーに轢かれなかったとしても、
東京の動物管理部門から素早く捕獲され、
彼の生き残るチャンスはとても、とても少なくなる。

政府の発表によると。2010年、20万4000匹以上のペットが殺処分された。
犬は52,000匹である。大半は猫である。殺処分率は82%である。

イギリスの殺処分数は2011年は7000頭であった。
捨て犬の数は12万6000頭であったが、そのうち殺戮率は6パーセント以下である。
カナダは回答が来たシェルター(国の半分)の2010年の殺処分率は36パーセント。

なぜ日本では82%ものペットが殺戮の運命をたどるのだろうか。
譲渡数が少ないのなどうしてであろうか。

東京都動物愛護相談センターの世田谷区センター部長補佐の佐竹浩之氏にお話しを聞いた。

「少しずつ良くなってきてはいますが、
やはり収容所からペットをもらうよう皆さんに説得するには苦しい戦いがあります。
日本人はペットショップへ行き仔犬を買うのです。東京の収容所には仔犬がいません。
成犬ばかりです。そして誰も成犬には興味ありません。仔犬が好きなのです。
譲渡数も少ないですが、その譲渡も一般の人が貰いうけるということはほとんどありません。
たいていはボランティアの人が貰いうけ、プライベートで運営しているシェルターにひきとるのです」

そのようなシェルターのひとつに
1990年イギリス人エリザベスオリバー氏によって設立されたARK(アニマルレスキュー関西)がある。
日本の動物権利の分野における先駆者である。

オリバー氏によると、60代、70代の人たちが、病気になったり、
入院したりしてペットが飼えなくなり、持ち込むケース多いと言う。

「問題の根源は仔犬だけを売るペットショップだと信じています。
高齢者がペットを飼うのに反対しているのではありません。
けれど、ペットショップにいっても仔犬ばかり。選択の余地がないではないですか。
シェルターに来てくだされば、6歳とか7歳の成犬が手にはいります」

オリバー氏の祖国であるイギリスのペットカルチャーはまったく違う。
成犬をシェルターから貰うのは一般的である。

「イギリスでは現実的です。自分の年齢を考慮し、少し大きくなった犬を探す人もたくさんいます。
日本では可愛い仔犬だけしか目に入っていないようですが、
成犬がマイナスな要因になることはありません。
トイレやしつけもきちんとされていない仔犬は大変だと、むしろ敬遠する人も多いのです」

東京のダクタリ動物病院の和田みどり氏の談。

「日本の飼い主の多くは非常によくペットの面倒を見ていると思いますよ。
治療の見込みのない病にかかってしまったら、
日本の飼い主は安楽死を選ぶよりも一日でも長く生きてもらおうと献身的な努力をします。

何ヶ月も入院しているペットのために毎日お見舞いにくる飼い主もいます。
人間と動物の強い絆と医療技術で奇跡を起こしたこともあります。
しかしときには甘やかしすぎのケースも見ます。
ルイヴィトンのベビーバギーを使ったり、神戸牛や夕張メロンを与えたり。。」

行き過ぎはペットの健康を損ねてしまうと和田氏は続ける。
夏に服を着せると皮膚の問題を起こすし、バランスの悪い食事は肥満を招く。

流行の先端をいく渋谷や原宿のブティックでは犬用デザイナー服が売られている。
チワワに破れたデザイナー・ジーンズ、ポメラニアンに英国製の重いダッフル・コート、
ミニチュアダックスフンドにトイ・ストーリーのバズライトのコスチュームを着せる。

犬のネックレス、ブレスレット、帽子、ブーツ、ソックス、キャリーバッグ、
バギー、おむつ、夏にクールジェル入りのバンダナ。

犬用グッズと並んで、ペット・テーマ・パーク、レストラン、カフェ、ホテル、
水泳教室、グルーミング・セッション、マニキュア、マッサージ、フェイシャル、
スパリゾートなどを見ると犬なのか飼い主なのか誰が楽しんでいるのかわからなくなる。

もしハチ公が復活してこれらの地域を闊歩している甘やかされたおもちゃ犬たちを見たらどう思うだろうか。
同じ生き物だと同じ種だと思うだろうか。

日本のペット産業で動く金額がすごい。ペット・ビジネスは年間一兆円であり、日々成長している。
国のペット数2200万匹は5歳以下の子供の数より500万も多い。

産業が伸びていることに誰も文句は言わない。
しかし数が増えるほど、ひび割れからこぼれ落ちていく動物たちの数も増えていく。

東京の動物保護相談センターに連れてこられるペットの中には譲渡のチャンスもなく、
7日後に殺戮されるペットもいる。

「動物を見て譲渡の可能性が高いか低いか判断します」と佐竹氏は語る。

「健康具合、年齢、攻撃的かどうかの性質などです。
譲渡の可能性が高ければ、長い間保護しますが、難しいようであれば、すぐ殺処分します。
その決定はスタッフによってなされますが、動物の生死が自分の判断にかかってくるわけですから、
当人にとっては非常に辛く難しい作業です」

日本の殺処分方法は西欧社会では廃止された二酸化炭素である。
処分するペットの数が多いので、大量に一度に殺すことができるからである。
WASPは二酸化炭素ガスの使用に強く反対し、合衆国の死刑囚にも適用している静脈注射を薦める。
しかし佐竹氏はこれを日本に導入するのは難しいという。

「一匹一匹に注射するという作業は効率も悪く、施すほうが精神的に病んでしまいます。
機械だと動物に直接接しなくて良いですからね」

二酸化炭素が理想的ではないと知りつつも、人道的な方法はコストがかかりすぎる。
現在では山口県の下関市のみが麻酔ガスを使っているとのことである。

吼えることも自由になることもできず、ただ孤独であった犬たち。
ハチ公のように渋谷を闊歩し、通りを行きかう人たちに焼き鳥のかけらや、
肉まんを投げ与えてもらえることもなく、恐怖の中で苦しみ抜いて殺されていった犬たち。




4seasonsCat



ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
殺処分は仕方がないと思っていてはいつまたっても変わりません。命は処分されるものではありません。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Wellcat osaka さんより「ペット用クールマット&アルミプレートをお譲りください!」

大阪で、猫の保護シェルターを運営されている『Wellcat osaka』さんのFBより。



***
ご自宅で使っていないペット用のクールマットやアルミプレートなどはありましたら譲っていただけないでしょうか?
出来れば冷蔵庫で冷やさないタイプの物がありがたいです。
シェルターの熱中症対策の為にご協力よろしくお願いします。
                                 ***




【物資送り先】

wellcat
大阪市北区本庄西1-12-25-202
06-6373-1050


※個人事務所となっている為、電話でのお問い合わせはご遠慮下さい。


wellcatシェルターでは、多頭崩壊やセンター引き出し、ブリーダーリタイアの保護猫達が、新しいご家族を待っています。特に優先して、シニア猫やキャリア猫、負傷猫を引き取っている為、医療費が膨大にかかってしまいます。

保護猫にかかる医療費用について、ご支援いただけませんでしょうか。

【お振込先】

口座:ゆうちょ 14030-38269251
   wellcat(小文字です)

他銀行からの場合 ゆうちょ銀行 支店名:四◯八(ヨンゼロハチ)
口座番号: 3826925



        
その他のご支援もよろしくお願いいたします。

保護猫80匹の大所帯になり、備品などが常時不足しています。
もし、お宅で眠っている中古品があればお譲りいただけませんでしょうか。
使いかけのフードなども大歓迎です。
よろしくお願いいたします。

現在必要なもの(必要な物順)

●猫缶、ドライフード(種類問いません)
※子猫・シニアフードも大歓迎です。
●猫のトイレ砂
●ペットシート
●爪とぎ・おもちゃ
●消毒薬
●ペットゲージ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これからが暑い夏本番です。
猫さん達もひんやりとしたマットやプレートの上に乗っかりたいときもあるでしょう。

また、どこのシェルターでも、1日中エアコンが始動開始になります。
当然光熱費も跳ね上がります。
こうしたマットやプレートがあれば、少しでも光熱費節約にもつながります。

おうちに眠っているもの、あるいは新しくご支援いただけるもの、大中小さまざま必要だということですので、
どうかWellcatさんまで、何かひとつでもご提供いただけないでしょうか。


よろしくお願いいたします<(_ _)>



4seasonsCat



ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
Wellcatのまるさんは日々お仕事とシェルター運営、TNRや野良猫問題などあらゆることに全力を尽くされています。
どうか応援をお願いいたします。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

祝!卒業♪前肢治療痕の茶トラ「太陽」改め「光男くん」

里親様が決まった、嬉しいうれしいご報告です!!



6月10日付で「センター収容猫・治療痕のあります負傷猫」のタイトルで、飼い主さんを探していた茶トラ君。
        ↑ぜひクリックして、収容直後の姿と今の姿を見てください!


退院後、シェルターで過ごしたのち、幸せ切符を手に入れて、
優しい里親様のおうちのこになりました。


シェルターでは「太陽くん」と名付けられましたが、改め、「光男くん」となりました。
光男くん


光り輝く幸せな生活を送ることになった光男くんにぴったりなお名前です。
光男くん3


まだ肢の傷は完治していませんが、愛情というお薬もたっぷり使ってもらい、きっと早くよくなることでしょう。
光男くん2


おめでとう♪光男君。ずっとずっと幸せにね
光男くん4

光男君のお宅はこんなに立派!!!!
光男君5
私も一緒に居候したいくらいです

そして、こちらは真似したい。
光男君6
玄関に脱走防止用の策が設置されています。
これは本当に大事なことです。
光男君はどういう経緯でさまよっていたのかわかりませんが、脱走してしまいそのまま行方が分からない子はたくさんいます。

元気に戻ってきてくれる子もいますが、けがをしたまま亡くなってしまったり、あるいは収容されて殺処分されたり。。。
そんな悲しい結果が待っていることの方が多いのです。

本当は、本能に任せて外にだしてあげたい。
私もそう思います。
でも現実には、それがかなう環境でなければ危険がいっぱいなのです。

猫取り業者とかいうアクドイ輩もいますし、
猫を虐待することに快感を覚える変質者もいます。

光男君は、重傷を負い収容されながらも、こうしてまたたびさんに助けられました。
さらにすぐに里親様もみつかり、幸せな生活も用意されました。

運がよかったと思います。
最高の出会いです。


愛する仔たちに、辛い思いをさせないためにも、決して脱走はさせないように十分に気をつけていただきたいと思います。

我が家も、好奇心旺盛な子達ですから、こうした策を今一度検討しようと思います。


「またたび家の日常」には、光男君の愛らしい姿がもっとたくさん載っています。
そして・・・・・
またたびさんの愛に満ちた言葉にもぜひ触れてください。
アメブロ「またたび家の日常*太陽おめでとう!

感動して胸が詰まりました。。。。


「またたび家」さんへのご支援・ご寄付をよろしくお願いいたします。
またたびさんは、自腹で医療費等を賄っていますので、是非ご協力ください。

物資の送り先や寄付金の振込先等は、こちらへお問い合わせ願います→「お問い合わせ



4seasonsCat



ブログご訪問ありがとうございます!
光男くん、本当によかったね。 幸せに~~☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

退院しました!ロシアンミックス頸部負傷猫さん

7月6日の記事にアップしたばかりの「ロシアンブルー系猫さん」ですが、6月26日に入院、頸部の傷の手術を終え、
昨日7月7日(火)に退院したそうです。

その後報告です。


川越市保護猫シェルターブログ「またたび家の日常*退院しました!」より。



6月26日より入院をしていました
グレーの仔のその後のご報告
それから家族募集のお知らせです。

ロシアングレ君


パックリと穴が開き
その傷口同士が皮膚の中で
繋がっていた部分もあった大きな傷。。。(´・_・`)


ロシアングレくん2

一時は食欲も消失してしまい心配でしたが
治療の甲斐あって
昨日無事に退院することができました。

ロシアングレくん3

抜糸は今週末です。

4ロシアングレくん


その抜糸が済めば
このケガに対する通院の必要はもうなく
投薬もありません。

飼い主さんとは再会出来ませんでしたが
この仔の幸せ探しは続きます。

とても愛らしく最高のパートナー
家族になってくれること
間違いなしでしょう*・゜゚・*:.。..。.:*・♡


ずっとのお家
ずっと一緒のママやパパを探しています♩


*2歳くらい
*ロシアンミックスの男の子
*去勢手術済み
(負傷猫としてセンターに収容されましたが
既に去勢手術が施されていました。)
*三種混合ワクチン接種済み
*ウイルス検査実施済み(-)(-)
*マイクロチップ装着済み
*検便実施済み(2回)
*レボリューション滴下
*駆虫薬投与(ドロンタール)
*負傷箇所の治療

譲渡条件をご確認の上
お問い合わせお待ちしております(^-^)/

またたび家ホームページ」に
お問い合わせフォーム・ご応募フォームがございます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆一枚目の画像は、こちらで文字入れの加工をさせていただきました。

大きな傷にも関わらず、少しずつ元気になってくれて本当にうれしい限りです。
飼い主さんの元へ帰ることができないのが残念ですが、でもこれからの幸せを願って、
新しい出会いを待ちたいと思います。

どうかこの仔をこれからずっと守ってくださる方はいらっしゃいませんか?

どうかよろしくお願いいたします。


「またたび家」さんへのご支援・ご寄付をよろしくお願いいたします。
物資の送り先や寄付金の振込先等は、こちらへお問い合わせ願います→「お問い合わせ


また、またたびさんは月に2回、福島へのレスキュー&給餌活動をされています。
ドライフードのご支援をお願いいたします!!
フード送り先は「犬猫救済の輪」さんまで。。。<(_ _)>

4seasonsCat


ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
もう辛くて寂しい思いはこれで終わりにしてあげたいです。まだ2歳の男の子。どうか楽しいにゃん生を送らせてあげてください。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

まりんちゃん(アメショMIX)が行方不明です!

≪拡散希望!≫
「まりんちゃんを探しています!」


6月24日(水)深夜
東京都葛飾区足立区近辺で、アメショmixのまりんちゃんが家を出たまま、まだもどってきていません。
とても怖がりさんだということなので、どこかに隠れているのかもしれませんし、あるいは隠れたところに閉じ込められてしまった可能性もあります。

おうちの方は、今懸命にまりんちゃんを探しています。
保健所や警察署にも伝え、たくさんのチラシを貼って、インスタグラムでもリポストで情報拡散をしています。

お近くに在住の方へ。
もしまりんちゃんに似た子を見つけたら、すぐにご連絡いただけませんか?
4seasonscat@gmail.com

梅雨時季の雨は冷たく、まりんちゃんの体力の消耗も心配です。
どこかのおうちで預かってくださっているといいのですが。。。

早くみつかっておうちへ戻ってほしいです。
まりんちゃん!!どこにいるの? 早くでておいで。。。。


まりんちゃん1 まりんちゃん2 
                 ↑                       ↑
                  画像はどれもクリックで大きくなります。
                 ↓                       ↓
まりんちゃん3 まりんちゃん4

medama_nyan さまインスタグラムより。

【まりんちゃんの特徴】

・アメリカンショートヘアMIX
・眉間にWのような模様
・鼻右下にほくろ
・白っぽい縞模様
・お腹の毛が薄い
・シーバ、魚正、チーズが好き
・極端に臆病で警戒心が強く恐怖のあまりに飼い主以外は攻撃することもあるので、無理に触らないでください。

どうか情報の提供をお願いいたします。





4seasonsCat



ブログへご訪問いただきましてありがとうございます!
怖がりのまりんちゃん。いまどんなに寂しい思いをしているのかと考えたら辛いです。おうちの方はもっと辛いですね。
早く見つかってほしいです。。。。元気な姿を見せてほしいです。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール
「ねこむつ」は保護猫の里親様探し応援ブログです!

4seasonsCat

Author:4seasonsCat

最新記事
リンク
御支援をお願いします!
チャリティーの輪を広げよう☆彡
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-