終生共に暮らすために

先日、読売新聞の朝刊に、犬の介護サービスの記事が載っていました。

現代は、フードの質の向上や医療の進歩等によって、犬も猫も長生きになりました。
その代り、高齢化と共に病気の発症率も高くなり、介護が必要になる子達も増えてきています。
飼い主の方も、一緒に歳を取れば面倒を見るのも一苦労になります。
特に大型犬は体重もあるので、病院に連れて行くことさえもままならなくなります。

無責任な飼い主や心無い人間が飼い主であったりすると、どこかに置き去りにしたり保健所やセンターへ持ち込むという選択がなされます。
そこから新たな幸せな暮らしがスタートする子もいるかもしれませんが、大半は悲しい結末が待っています。

一緒に暮らしているときは、動物たちにどれだけ慰められ励まされ、たくさんのことを教えてもらった存在であったはずなのに、人間の都合で(どんな理由であれ、やっぱり人間の都合ですよね)動物たちを守ることができないのは、無責任と言わざるを得ません。

動物との暮らしに必要なのは、「可愛い」という感情だけでは成り立ちません。

細かくあげればキリがありませんが、絶対に必要なのは「お金」。
フード代やトイレの砂などのほかにも、病気になればそれなりの治療費や通院費等がかかります。(時間も必要ですね)
高齢化してくれば生活しやすいようにと工夫も必要になるし、
どの年代も夏は涼しく冬は暖かくなど冷暖房費もかかります。
何日も家を空けるときには、シッターを頼んだりペットホテルなどへ預ける費用も必要です。

そしてもうひとつ必要なのが「備え」です。
人間の方もリストラや転勤、高齢化と家庭環境の変化も当然でてきます。
災害に見舞われることもあるでしょう。
もしからしたらいくつもの出来事が重なるかもしれません。

更に必要なのは「環境」です。
猫の場合は、特に完全室内外が望ましいですし、集合住宅であれば飼育可能であるかどうかの確認は必要です。
爪とぎは必須ですし、運動不足にならないような工夫も必要です。
室内の事故もすくなくありませんし、いたずら防止のためにも部屋の中の整理整頓も必要です。

そんなこと気にしなくてもちゃんと長生きしてくれている、という方もいるでしょう。
ここに記載したことは絶対しなくてはならないことではないけれど、
あとで後悔しないためには、できる限りのことはしておきたいものです。
何もせずに、そのうえ後悔もしない…という人には、動物たちと暮らしてほしくはありませんけど。

本当は、動物たちとの暮らしを始める前に、そういった想定しうることをすべて書き出し、
それに対しての対策を、「その時にできる範囲で」練っておくべきなのですが、
そんなことする人はほとんどいないでしょうね。

以前は、都道府県が飼えなくなった犬猫を引き取ることが可能でしたが(引取り後は譲渡先を探したりあるkは殺処分)、
13年9月からは高齢や病気を理由に攣れてきた場合は、都道府県は引取りを拒否することができるようになりました。
「改正動物愛護管理法」が定められたためです。
自分たちで最後まできちんと面倒をみましょう、ということです。

そんな法ができても、どうしても面倒みられないという場合、その子たちはどうなってしまうのでしょう。
引き取り手がいないのだから捨てるしかない!?
自分で殺処分?
動物病院で安楽死?

どれも猫好きびとにとってはとうてい考えられない選択です。

自分でなんとか里親様をみつけてくれればいいのですが、なかなか難しいことではあります。
高齢だったり病気であったらなおのこと、里親様は見つかりません。

ボラをしているシェルターにも、「飼えなくなった」という相談を受けることがあります。
基本的にはそういった猫さんは引き取りません。
まずはご自身で猫さんの預け先や里親様を探していただいています。
安易に引き取ってしまえば、依頼数は軒並み増え、シェルターは猫で溢れかえり運営が立ち行かなくなります。


そんな現状も手伝って、飼えなくなった動物を終生預けることができる施設も増えてきています。
新聞ではワンちゃん専用のホームや訪問介護サービスの記事でしたが、猫ちゃんを預かってくれるところもあります。

これはありがたいですね。
愛情をもって育て共に暮らしてきても、どうにもならない状況になってしまうことはあります。
どんなに最初に想定しうることを連ねて対策を練って、計画を立ててできることをやっていても、
現実には、もはや自分たちの力ではどうにもならなくなってから考える、ということの方が多いかもしれません。

そんな時、愛情を持ってお世話をしてくれて、最期を見送るまで面倒を見てくれるところに預けるというのも、これからの時代選択肢に入れてもいいのかなと思います。

ただし、そのためにはやっぱりお金が必要です。。。
無償で終生預かってくれるなんて言うところは、あったとしても安心して預けられるところではないかもしれません。

少しずつでも猫貯金をしておく方がいいかも、と思いました。
こどもがいても必ずしも面倒をみてくれるとは限りませんし、飼い主の方がある日突然死するかもしれません。

4seasonsCat-M(私の名のイニシャルです)宅では、2匹の猫がいます。
猫保険も猫貯金もしていません。
我が家は子どもがいないので、なおのこと私達夫婦になにかあったら猫達を路頭に迷わせることになります。
今からでも遅くないわ!貯金しておこう。そしてそのお金が猫達の為にちゃんと使ってもらえるように、
しかるべきところへ伝えておかなくては、と記事を書きながら思いました。


猫を終生預かってくれるところは、ネットで検索するとでてきます。
「猫」「ホーム」「終生」「預かり」などで検索してみてください。

入所金や月々かかる費用などは、施設やサービスによって違いますので、
きちんと調べて、納得するまで話合ってから決めた方がいいですね。
安心して預けられるところは、随時面会が可能であったり、
スマホやPCでわが子の様子を見られるようにしてくれています。
お金の支出もきちんと記録し開示してくれるところでないといけません。

こういう信頼できる施設が増えたら、物扱いにされる命は減るでしょうか。
そうなると思いたいです。

リンクしていただける施設やサービスがありましたら、ぜひお願いいたします<(_ _)>


4seasonsCat-M

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
「ねこむつ」は保護猫の里親様探し応援ブログです!

4seasonsCat

Author:4seasonsCat

最新記事
リンク
御支援をお願いします!
チャリティーの輪を広げよう☆彡
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-