ずんくんを早くおうちの子にしてあげたい!

別ブログでアップした記事ですが、どうしても!の強い思いがありここでもアップします。


「ずんくん」の里親様を緊急募集しています!!!
(アニエイのブログでずんくん療養の話が載っていたので、こちらでも宣伝させていただくことにしました)

ボランティア先のシェルター(社)アニマルエイド)で暮らしいる「ずんくん」が、
口内炎の治療を終えて、お預かりボラ様のおうちで療養中です。
再診察を受けて異常がなければシェルターに戻り、また寂しい生活が始まります。


「ずんくん」はシェルターに来た当初はとても元気で、人が好きで、
でも甘えが高じてついうっかり噛んでしまったりして、ボラさん達にもよく怒られていました。
でも怒るといっても、愛情たっぷりの「ずんくんったら~」というものですよ^^;

とっても可愛くて可愛くて、ボラさん達の間でも今でも人気者です。

いつからか口内炎がひどくなってきてごはんの時に痛がるようになりました。
そして同時期でしょうか、どんどん元気がなくなってきてふさぎ込むような様子を見せ始めました。


ボラに行くたびに声をかけて撫でてあげて、
そしてずんくんが食べやすいものをボラさんが探して持ってきてくれて、
と気にかけて愛情をかけてきたつもりでしたが、ずんくんは元気になってくれません。。。。

せめて痛みだけでも治してあげたい、そして存分においしいものを食べて体力つけて、
また元気を取り戻してほしい!!

そんな皆の思いが募り、ずんくんの治療に臨みました。


一昨日手術し、昨日はお預かりボラさんと一緒にずんくんをお迎えに行きましたが、
元気な顔を見せてくれました。

ほっと一安心です。
また心置きなくおいしいものをたくさん食べてもらえます。


でもひとつ気がかりなことが出てきました。

手術前もお預かりボラさん宅で過ごし、体調を整えたずんくんですが、どうやら勘違いしてしまったようなのです。

ぼくはここのおうちの子になったんだ♪」と・・・。
(昨日ボラさん宅に一緒に帰ったずんくんです。1週間の自宅療養後シェルターに戻ります)
ずんちゃん術後

ホッとしたのでしょう。
安心した寝顔が愛らしいです。


元々人が好きな子ではありましたが、脚を噛んだりお茶目な面は見てきましたが、
積極的に人の膝の上に乗りたがるような子ではありませんでした。

それが、お預かりボラ様のお宅ではびっくりするほど甘えてきて、膝の上で動かないほどなのだそうです。
ボラさんのご主人の膝の上にまでそーーーーっと甘えるように乗っていったという話を伺い、
「あーーーーずんくんは完全におうちの子になったと思っている」と感じました。

そしてボラさんのお宅には、数匹の猫ちゃんたちが一緒に暮らしていますが、
ずんくんは他の猫さんを見ても怒ったりしなかったそうです。

シェルターにいるときは、猫嫌いだから先住ちゃんがいるところはだめだね~。ずんくんひとりだけじゃないと。
なんて話をしていたのですが、私達が勝手に思っていただけだったようです。

ずんくんは私達が思っている以上に、人が恋しくて甘えたくて寂しくて、
そして他の猫がいても「おうちの子」になったらこんなにちゃんとうまくやっていける。。、
そんな健気で愛おしさでいっぱいの優しい子だったのです。


手術もがんばりました。
先生の説明を聞いている間も、おとなしくてとてもいい子でした。

こんなにもがんばっているずんくんを、どうしてシェルター暮らしを続けさせられるでしょうか。

もちろん他の猫ちゃん達も我慢してシェルター暮らしをしている子はたくさんいますので、
ずんくんだけというわけにはいきませんが、今はずんくんにスポットを当てたいと思います。


ずんくんは現在エイズ陽性ではありますが、発症はしておりません。
術前に色々な検査(血液検査他)もしましたが、すべて正常で問題ありません。
口が痛いのも治療しました。
大人しくてとてもいい子です。

どうかずんくんをおうちの子にしてあげてください!!
ずんくんは、おうちの子になれることを信じてずっとずっと待っていました。
でもある時からあきらめたように急に元気をなくしました。
もうこれ以上寂しい思いをさせたくありません。

元気をなくす前のずんくん(昨年撮影です)
1030ルーム7ずんくん



1104病室ずんくん



1127ルーム7ずんくん



1218ルーム7ずんくん


どうぞよろしくお願いいたします!!


ずんくんの詳細は「ずんくんの履歴書」をどうかご覧くださいませ<(_ _)>

 




これからもシェルターの猫達の為に頑張っていきます。
物資も医療費もまだまだ足りず、ボラさん持ち出してしのぐこともあります。

それでも猫達の命は待ったなしです。
人間が我慢して済めばOKというわけにはいきません。

だから私も節約して仕事を増やして医療費を作り、
ボラを休まないように養生しながらがんばって続けていこうと思っています。

息切れしないように小さな身体の尊い命に向き合っていこうと思います。



ずんくんの里親様探しのこの記事を拡散していただけたらうれしいです。
どこに赤い糸がつながっているかわかりません。
どうかご協力をお願いいたします<(_ _)>



4seasonsCat-M

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
「ねこむつ」は保護猫の里親様探し応援ブログです!

4seasonsCat

Author:4seasonsCat

最新記事
リンク
御支援をお願いします!
チャリティーの輪を広げよう☆彡
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-