動物たちの生(行)き場を奪ったのは人間

想いはエネルギーとなって良くも悪くも影響を及ぼすと思います。


だけど、想いだけでは変わらないこともあるのです。

想いだけで変えられないこともあるのです。


動かなくては始まらないし、動かなくては太刀打ちできない出来事もあるのです。


動物たちをこうして保護する活動をあまりよく思わない方もいることでしょう。
特に猫は犬とはまた違う目線で見られていることが多いです。

可哀想と思うことが可哀想な子たちを作るという循環もないではないかもしれません。
本当は可哀想な子達なんていないのかもしれません。

でもそれは知らないから言えることなのです。

人間が介入しない世界では、可哀想な子達はいないと言えると思います。
自然の厳しさの中では食べるものがない時もあれば、弱肉強食で食べられてしまうこともあります。
戦いや思わぬ怪我で生きていかれず死に向かうこともあるでしょう。
でもそうして死を迎えた肉体は、また誰かの血となり肉となり、そして大地に帰り無駄がありません。

だけど、人間が介入して生き場を(行き場)を失いさまようだけでなく、
実験台にされたり虐待されたり、そして捨てられたりする子達を見て、可哀想じゃないといえますか?

可哀想と思わなければ、思いさえしなければこの子達はまた元気に生きていくことができますか?


人間が生み出した自然の摂理に背く出来事は、人間すらも修復不可能なことがあるくらい不自然なことが多いです。
その犠牲に動物たちがなっている現状を、想いだけで変えられますか?

それでもなお、そんなことはないと思うのであれば、動物たちが無残にも捨てられ死を待つばかりの状態でいる保健所やセンターに行って、彼らの姿をその目でみてきてください。

その姿を目の当たりにして「可哀想」な思いを持たずにいられるか試してみてほしいと思います。



なぜこんなことをいきなり書いたのかというと、
「人間の可哀想だと思う気持ちが可哀想な動物たちの存在を作る。
人間がそう思わなければ動物たちは可哀想じゃないのかも」というようなことが、
あるSNSのコメントに書かれていたからです。

そして、そのコメントに対して「YES 可哀想な動物なんていない」と書かれていたからです。

どちらの考え方も承服できないものを感じます。

きっと私の理解不足で、それらの言葉だけでは伝わってこなかった別の意味もあったのかもしれませんが、
実際に、人間の手によってひどい姿にさせられた動物たちを目の当たりにしてきた経験を持つ身としては、
どうしても反論したくなってしまったのです。

どこの誰かも分からない他人に反論だなんて、馬鹿げたことだと十分に承知していますが・・・。


祈る、想う、そうしたものは目では視えないし感じることも難しいのかもしれないけど、
きっととてつもないエネルギーとなって、必要なところに届くのだと私は信じていますが、
それでも、現実に起こっている現状を変えていくのは、行動ありきだとこれは実感しています。


温かい祈りと熱い想いが心を突き動かし
⇒心を揺さぶるほどの衝動が行動となり
⇒その行動が自己と他者の心を打ち
⇒そしてその心の震えが思いやりと優しさを生み
⇒また再び祈りと想いが産まれいずる。



現状が変わる時、必ずや必死になって動いている人がいるのです。
実際に動かない人ほど、得てして知ったかぶりだったりエラそうだったりするものです。


反論だけで終わりにせずに反面教師にさせてもらい、
これからもできることを行動に移していこうと思います。



4seasonsCat-M
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

人間は愚かと思う事多々あります。他人じゃなくて自分の事。
凄く共感もて、参考になる考え方です。いつもご苦労様です。

ビビアンさま

こんにちは!こちらのブログにまでコメントありがとうございます<(_ _)>


> 人間は愚かと思う事多々あります。他人じゃなくて自分の事。
私も愚かな人間のひとりです。
愚かだと自覚するだけじゃなくなにかができるはずと行動に移していこうと思いました。

> 凄く共感もて、参考になる考え方です。いつもご苦労様です。
未熟な私がえらそうに書いたりしていいのか迷いましたが、
影で汗水たらしている人達に少しでも近づきたい気持ちもあり書いちゃいました。

ビビアンさんのブログもいつも楽しみに拝見していますよ~^^(pua)
プロフィール
「ねこむつ」は保護猫の里親様探し応援ブログです!

4seasonsCat

Author:4seasonsCat

最新記事
リンク
御支援をお願いします!
チャリティーの輪を広げよう☆彡
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-