警戒区域で生き抜いてきた猫ー前足一部がないシャムちゃん

今でもなお、福島の警戒区域にはたくさんの犬や猫達が必死に生きています。
そして、レスキューを続けてくださるボランティアの方々がいらっしゃいます。

先日保護されたという猫ちゃんの里親様探しのお手伝いが少しでもできれば。。。と思い、
ねこむつにもアップいたします。

どうやら左前足の先を、とらばさみでむしり取られてしまったようでないそうです。
とらばさみシャムちゃん2


FIV+ でもとても落ち着いたいい子だそうです。
とらばさみシャムちゃん3


綺麗な猫さんですよね。
脚の傷と共に、心の傷も癒してくれる優しい里親様が現れてくれますように。。。

とらばさみシャムちゃん1

置き去りにされた小さな命~福島第一原発20Km圏内警戒区域から~


これからどんどん寒くなります。
暖をとるすべもなくさまよう子達・・・・。
胸が締め付けられます。



4seasonsCat-M


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

胸が痛い。
つらいですね。

きっと心も傷ついていることでしょう。
どうかどうか、優しい里親があらわれますように。
もの言えぬ動物だからこそ、
だからこそ優しくしたいです。

もりんさま

こんにちは。

> 胸が痛い。
> つらいですね。

本当に辛いです。。。
この姿は人間が作り出したものと同然ですから、
同じ人間として罪を償わなくてはと思っています。

> きっと心も傷ついていることでしょう。
> どうかどうか、優しい里親があらわれますように。
> もの言えぬ動物だからこそ、
> だからこそ優しくしたいです。

言葉がわからないのは人間側だけなんですよね。
きっと動物たちは人間の表も裏も分かっていると感じます。
プロフィール
「ねこむつ」は保護猫の里親様探し応援ブログです!

4seasonsCat

Author:4seasonsCat

最新記事
リンク
御支援をお願いします!
チャリティーの輪を広げよう☆彡
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-